澤崎 至
Itaru Sawasaki


プロフィール

澤崎 至(さわさき いたる)DRUMS 現関西ジャズ協会事務局長
大阪市生まれ 
中学1年頃からギターに親しみ、高校時代は混声四部合唱団に所属。慶応義塾大学
に入学後KMP(Keio Music Players)New Sound Orchestraに入団、Big Band Drummerとして活動する。在団中は3年先輩の現テナーサックス奏者の山口真文氏に強い音楽的影響を受ける。卒業時には関東六大学Big Band連盟主催のオールスターバンドのメンバーに選ばれる。
卒業、帰阪の後10年ほどのブランクを経て、昭和60年Bluesin’ Jazz Orchestra(BJO)の創立に参加。以来19年間活動を続け、現在バンドマスターを務めている。さらに、ボーカルとピアノの小川理子をフィーチャーしたアルトサックス、テナーサックス、トロンボーンの三管編成からなるモダンスイングの KOP Super Bandを結成し、ライブハウスなどでの活動も行なっている。また最近では、Jazz Vocalにも挑戦している。
平成15年には、BJOと共に“第11回中山正治ジャズ大賞 アマチュア部門賞”及び産経聞主催“第40回なにわ芸術祭新人奨励賞”を受賞。
musician indexへ戻る